ゆめみごろ  @ ぶろぐ

四季の自然の変化をブログでご紹介します

桑の実

今日はよいお天気になりました。


いつものように妻を誘って歩き出したが
寒からず、暑からずだから
歩くには最適の日になりました。


このような日には歩数も進んで
普段ははあまり行かないコースを選んでみた。


途中、沢山の実が成っている木を見付けた。
その実を撮っている高齢男性に尋ねると
 「この木は桑の木です」 と、教えてくれたが
たくさんの実は桑の実だから 「食べられる」 とのことでした。


この土地育ちの男性は
 『私たちはこの実を 「どどめ」 と言いますが
小さい頃はこの実をよく食べましたよ』 と
戦後の甘い物に飢えていた子供の時代を偲ぶようでした。


でもその桑の実の数は半端なものではなく、膨大な数です。
食べられると聞くと、このまま収穫しないのが勿体ない気がする。
でもこの木は公共物のようだから
勝手に実をもぐのはは法律違反かもしれない。


これからまだ熟して紫色になるそうだから
それまで私たちも観察することにしました。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。