ゆめみごろ  @ ぶろぐ

四季の自然の変化をブログでご紹介します

ルールやマナーを守りましょう

今日も妻と街中を歩いた。


途中で花を撮っていると、高齢男性から声掛けがあったが
その男性は三脚持って、立派なカメラを持っていた。


 「主に何を撮っているのですか?」
 「もうカメラ歴は何年くらいでしょうか?」 と
案外、不躾な言葉で聞かれた。


私が 「いいカメラ持っていますね?」 と、尋ねたら
そこからは立て板に水を流すように
自分がどうして写真を撮るようになったかを話し出した。


あまり趣味も無かったが、退職後は知人に勧められて
カメラクラブに入り、写真術を勉強したとのことで
いくつかの作品はクラブ主宰者から
金賞を貰ったとの話しなど
だいたい私が想像した通りの自慢話しだった。


最近は行楽地やイベント会場などで
写真を撮る人も多くなったが
その殆どはスマホで撮っている。


その中でも前述のように三脚持って、いいカメラ持っているのは
高齢の女性や男性が多い。


皆、どこかのクラブで勉強しているのだろうが
お金も暇もある人たちの写真撮りは度を過ぎて
どうもマナー的にはあまり良くない。


何処でもやたらに三脚を広げて道を塞いだり
中には 「入場禁止」 の立て札を無視して
被写体に近付くカメラマンもいる。


写真撮りを趣味とする者たちは
他の人たちに迷惑をかけないように
ルールやマナーを守りながら写真を撮ることに徹し
多いに楽しむことにしましょう。











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。